雇用管理に関するお悩みを解決いたします
採用から退職まで雇用管理に関することは社労士へご相談ください
TS人事労務オフィス
実績や企業事例はお気軽にお問い合わせを

1. 雇用管理とは・・・?

雇用管理とは、従業員の採用や配置・異動、退職など雇用に関する雇用管理のことをいいます。採用方法や選定内容の決定、人材育成のための研修内容などの管理も含みます。

 

● 採用管理 ・・・ 採用募集から、従業員が入社するまでの管理

● 人事管理 ・・・ 入社した従業員の配属先決定や配属後の部署異動、昇進などの管理

● 退職管理 ・・・ 中途退職の他に定年退職・早期退職などの管理

 

2. 雇用管理についての対応

① 採用管理

経営方針・事業計画に則り、どの部署にどのような人材を何人採用するのかを決定した上で、採用計画を実施。

企業が事業運営する際には従業員が必要です。また事業の維持や成長にも従業員は必要です。そのためには事業計画に沿った、採用計画を通じた人材が必要になります。そのため採用管理では、事業計画から逆算して「採用計画する人数」・「経験・能力」・「雇用形態」・「採用時期」・「採用方法」などを明確にして、採用計画を実行していきます。

 

② 人事管理

● 人員配置の実施

従業員の経験や能力、また適材適所に沿った人員配置を実施。最適な人員配置によって従業員パフォーマンスの最大化を促し、業務効率と生産性向上を同時に高める。

● ゼネラリストやスペシャリストの人材育成(教育訓練)

人材育成では、状況によって方法を変えます。ゼネラリストの人材育成を行いたいときは、配置転換でジョブローテーションを行い、幅広い業務知識を習得させることを目的としています。一方、スペシャリストの人材育成を行いたいときは、関連部署や職務での配置転換が中心に実施することになります。別な目的としては、モチベーションの向上や不正防止の目的で行われる場合も想定されます。

● 昇進・昇格

従業員を役職や等級にあてはめて管理することをいいます。人材育成・キャリアプラン・モチベーションの観点から実施しています。

 

③ 退職管理

年齢から生じる退職や予期せぬ中途退職の対応などを管理します。その上で、業務に支障が生じるようであれば、追加の採用を検討する必要がでてきます。

3. 雇用管理労務管理の違いは・・・

雇用管理」と「労務管理」はどのような違いがあるのでしょうか。

 

雇用管理は、従業員の採用や配置・異動、退職など雇用に関する一連の業務を管理することです。一方労務管理とは、従業員に働きやすい職場環境を提供し、パフォーマンスを最大限発揮してもらうことです。そのため労働基準法および関連法律に従って、労働条件や労働状況、福利厚生などを管理することを目的にしています。

 

【 労務管理の業務 】

● 入退社手続き

● 社会保険手続き

● 勤怠管理

● 給与計算

● 福利厚生

● 安全衛生管理

● 就業規則への対応

雇用管理について千差万別の企業様に寄り添い社労士がサポート

採用・就業形態・人員配置・退職などの雇用管理について、課題やご心配な点がございましたらご相談を承っております。東京で社労士をお探しの企業様はお気軽にお問い合わせください。

人材に関する専門家が雇用管理をサポート
Check !
雇用管理の専門家・社労士がサポート
従業員の採用や配置・異動、退職など雇用に関する一連の業務について社労士がアドバイスいたします
Point 1

雇用管理の体制構築をお手伝い

 

● 採用管理 ・・・ 採用募集から、従業員が入社するまでの管理

● 人事管理 ・・・ 入社した従業員の配属先決定や配属後の部署異動、昇進などの管理

● 退職管理 ・・・ 中途退職の他に定年退職・早期退職などの管理

 

雇用管理にはこのような特徴がございます。そして特にどの業界も人手不足・人材不足がいわれていることからもわかるように採用活動に大変ご苦労されております。採用活動も含めてどういった管理体制を構築していったらいいのか雇用管理のお悩みをご相談ください。

Point 2

雇用管理にも関係している労務管理についてもお手伝い

 

“「雇用管理」と「労務管理」の違い“でも少しお伝えいたしましたが、「雇用管理」と「労務管理」は密接につながっています。そのため、両管理を同時に考えながら進めていくことも多くございます。従業員に対して最大限のパフォーマンスを挙げてもらうにはどういったことをしていく必要があるのか、悩まれている経営者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

Point 3

雇用管理を中心に優先項目に合わせてサポートをご提案

 

雇用管理といってもいったい何をしたらいいのかわからない経営者様もいらっしゃるかもしれません。“働き方改革”などといっても具体性に欠けることもありますので、経営方針・事業方針と照らし合わせながら形にしていきましょう。豊富な知識と経験を活かして企業様をお手伝いいたしますので、従業員に関係したお悩み事をご相談ください。

 

< 重要 >

雇用管理だけではなく毎日起こる会社経営についてのお悩みもお気軽に社労士へ

雇用管理については、これまでお伝えしてきたようにサポートいたします。ただ経営者の皆様は、雇用管理だけがどうしようかと悩まれているわけではございません。毎日の会社経営の中で生じてくる疑問・懸念・疑惑などに一度立ち止まらなければいけないことがたくさんあることでしょう。そういったときに経営者の皆様はどうされていますか?ひとつは社内の方とお話しすることもあるかもしれませんが、ピンとくる返事が返ってこないことがほとんどではありませんか。そういった場合には、私たちのような士業・社労士のような立場から客観的に話を聞いてもらうことも一案ではないでしょうか。

 

顧問先からはこのようなお話をいただくことも多く、会社経営の心配事を取り除いていることもいくつもございました。経営者をサポートしなければいけない立場からこのようなことが数多くできれば、本業に集中する時間がより多くなり、会社経営にもよい影響が出るものと確信しております。

 

「人材不足で悩んでいる」・「優秀な人材の育成や確保に悩んでいる」など人材についてお悩みの経営者様は、是非社労士にご相談ください。雇用管理労務管理に関する手厚いサポートをご提供しております。法律に関する知識やこれまでの経験を活かして企業様のお力になりますので、お気軽にお問い合わせください。お電話やメールフォームよりご依頼いただけます。

お気軽にお電話でご連絡ください
070-4422-1875 070-4422-1875
営業時間 9:00~18:00
About

東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県を中心に全国対応をしており、経営者様のお困り事・ご心配事・対応に苦慮している労務管理給与計算就業規則などについてサポートしています。

概要

事務所名 TS人事労務オフィス
住所 〒196-0004
東京都昭島市緑町1-17-26
Google MAPで確認する
電話番号 070-4422-1875
営業時間 9:00~18:00
事前にご連絡頂ければ土日祝も対応可
定休日 土・日・祝
最寄り駅 昭島駅から徒歩15分

アクセス

会社の事務所へ訪問して、経営者様を悩ませる雇用契約書労務管理就業規則などの労働条件、毎月対応しなければいけない給与計算、そして“人”に関する経営課題を解決するためにコミュニケーションを取りながら対応しています。また労働保険や社会保険などの行政機関への各種手続きも行っております。条件・要件が合えば申請可能な助成金の対応も承りますので是非ご連絡ください。会社の実情に合った顧問契約や単発・スポットでのご依頼も承っています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事