山積みの人事課題を社労士と一緒に解決しませんか
さまざまある人事課題を解決して会社を成長路線に戻しませんか?社労士にご相談ください
TS人事労務オフィス
給与計算をアウトソーシングしませんか
Check Point !

人事課題につながるキーワード

労働関連法に関する法令は、近年次々と改正されています。

〇 時間外労働の上限規制

〇 有給休暇の取得義務

〇 70歳定年制

〇 65歳定年制

〇 働き方改革

〇 同一労働同一賃金

〇 育児休暇

 

法改正と同じようにさまざまな働き方がはじまっています。

〇 週休3日制

〇 勤務間インターバル

〇 在宅勤務・テレワーク

〇 ワークシェアリング

〇 副業・兼業

人事課題の対応について

これらのように、法令が新しく出来た、また法改正が行われたことの情報をどうやって入手するかも重要になります。その上で、御社にとって対応しなければならない人事課題なのか、何もする必要がないのか判断が生じます。対応する必要が生じれば、どういう内容にしなければならないのか会社として決定することになります。場合によっては、就業規則など人事制度の見直しが必要なことも出てくるでしょう。人事関する課題は経営課題に影響することもあり重たい課題内容になります。

 

日々の業務に追われている社内の担当部署で完結することができれば、一番望ましいでしょう。しかし日々の業務に忙殺されているご担当者の皆様には重い負担になることでしょう。つまり入退社の手続きや管理から給与計算労務管理そして就業規則の対応などすることが雪だるま式に膨らんできます。そのため、外部の社労士にサポートしてもらうことも一案かと思われます。人事課題に限らず労務管理全般について社労士から業務のサポートが得られて、効率的に進めることができるでしょう。

< 人事課題について >

人事制度は歴史が物語るように「時代の流れとともに変わっていく」という特徴があります。最近は人事制度の問題点が指摘されることが増えています。課題と置き換えてもいいかもしれません、どのような問題点があるのでしょうか。

ほとんどの企業は、昭和の時代に成功した日本型雇用システムを今も続けています。すべてが悪いわけではありませんが、時代の流れ・現状に合わせた制度など、時代と共に変わっていく部分が変わっていません。人材課題・人事課題をひとつ解消すれば劇的に変わるわけではないので、現状を見つめながら土台となる基礎を構築し、時代に合わせた制度を運用するようにしなければなりません。

Check !
< 人事課題について >
人事制度は歴史が物語るように「時代の流れとともに変わっていく」という特徴があります。最近は人事制度の問題点が指摘されることが増えています。人事課題と置き換えてもいいかもしれません、どのような人事課題があるのでしょうか。

ほとんどの企業は、昭和の時代に成功した日本型雇用システムを今も続けています。すべてが悪いわけではありませんが、時代の流れ・現状に合わせた制度など、時代と共に変わっていく部分が変わっていません。・人事課題をひとつ解消すれば劇的に変わるわけではないので、現状を見つめながら土台となる基礎を構築し、時代に合わせた人事制度を運用するようにしなければなりません。
Case 1

人事課題その1:働き方の多様化への対応

 

働き方の多様化とは具体的に、

① フレックスタイム制

② 裁量労働制

③ 時短勤務

④ テレワーク・在宅勤務

⑤ 副業兼業           などです。

働き方改革の始動の影響によりワークスタイルが多様化してきたことから、就業時間も場所も柔軟になっていく傾向は、今後も浸透していくでしょう。従来の人事制度では、このような働き方を想定していませんでした。働き方の多様化が進めば進むほど、人事制度の多様化も必要になってきています。つまり人事課題も増えてくることになります。

Case 2

人事課題その2:業務の高度な個別化

 

近年、「従業員が自分にしか出来ないスキルを磨くことによって、個別に能力を発揮する形」に働き方が変化しているということを意味しています。従来の人事制度では、複数の従業員が同じ業務を行い、経験を積み重ねたことから技能が習熟してきて、そのことで評価が高くなるよう設計されていました。ところが、業務の個別化が進むと、「誰が・どのような指標で業務を評価すれば良いのか?」という点で、人事制度の難易度が上がります。つまり、一律の評価基準では評価が出来なくなり、さらに評価基準を個別化していく必要性が出てきます。

Case 3

人事課題その3:人事制度を運用する時間がない

 

企業にとって人材は最も重要な経営資源です。特に中小企業では人材不足が深刻な経営問題となっており、その解決策として人事制度が重要視されるようになっております。しかし人事制度を構築して、運用するには多くの時間や資金が必要になります。中小企業では、多額の資金があるわけではありません、また人材不足の影響から人事担当者を配置できなかったり、配置できたとしても他の業務と兼任しているケースが大半です。つまり、人事制度を導入するには時間や資金が無いといった問題に直面しています。つまり人事課題が解決できない事態に直面しています。

日常業務で手一杯で人事課題に手が回らないのであれば東京の社労士にご相談ください
課題が山積みの人事・総務業務。なかなか課題に取り組めないのであれば、お気軽にサポート内容などお問い合わせください。

人事課題についてのまとめ

人事では、採用活動や人材育成、労働環境などでいろいろな人事課題を抱えています。国が推奨している働き方改革などから業務の範囲もかなり広がっていると感じているのではないでしょうか。そのため日々時間に追われている経営者や人事担当者はパンク寸前の状況かもしれません。人事部門は「人」に関する組織全体の管理を行うため、業務の幅がもともと広いことが特徴で、従業員が気分よく働くための職場作りに欠かせない仕事です。その従業員一人ひとりの満足度が高まることは、結果的に組織の活性化につながり、ひいては生産性向上へと結び付いていきます。

 

人事課題は、短期的な成果が見えづらいため、優先度は高いにもかかわらずついつい後回しになりがちですが、会社の経営戦略において持続的な会社の発展には欠かせないものです。社労士の力を借りて一緒に人事課題に取り組みませんか。

お気軽にお電話でご連絡ください
070-4422-1875 070-4422-1875
受付時間:9:00~18:00
About

東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県を中心に全国対応をしており、経営者様のお困り事・ご心配事・対応に苦慮している労務管理給与計算就業規則などについてサポートしています。

概要

事務所名 TS人事労務オフィス
住所 〒196-0004
東京都昭島市緑町1-17-26
Google MAPで確認する
電話番号 070-4422-1875
営業時間 9:00~18:00
事前にご連絡頂ければ土日祝も対応可
定休日 土・日・祝
最寄り駅 昭島駅から徒歩15分

アクセス

会社の事務所へ訪問して、経営者様を悩ませる雇用契約書労務管理就業規則などの労働条件、毎月対応しなければいけない給与計算、そして“人”に関する経営課題を解決するためにコミュニケーションを取りながら対応しています。また労働保険や社会保険などの行政機関への各種手続きも行っております。条件・要件が合えば申請可能な助成金の対応も承りますので是非ご連絡ください。会社の実情に合った顧問契約や単発・スポットでのご依頼も承っています。
Contact

お問い合わせ