About
事務所概要

会社へ訪問して『お困り事・ご心配事・対応に苦慮している課題』を一緒に解決いたします

3 Interview-Media_08

経営者の皆様とコミュニケーションを取りながら課題を解決する社労士

人事や総務、場合によっては経理にスタッフを配置することができない会社は少なくありません。そんなときに経営者の皆様はどうしていますか?経営者ご自身で見よう見まねで対応しているか、パートの方を雇い何となく仕事をしてもらっている状況ではないでしょうか。そのような対応・現状だと経営として“守りの姿勢”であるため、なかなか課題・問題の解決までたどりつかないのではないでしょうか。ひょっとしたら人事や総務の仕事が発端で問題が生じているけど認識できていないということもあるかもしれません。

 

専門家である社労士に依頼すると現状把握ができて、課題・問題点が明確になります。そして解決への時間もより短く対応でき、会社が良い方向へ向かっていくことができるでしょう。当事務所では原則、お客様の事務所に訪問させていただき、意見交換・情報共有をすることを心掛けております。具体的には、昭島市・立川市・八王子市などの多摩地区を含む東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県の各都県は訪問いたします。しかし、それ以外の地区は移動等の関係で、オンライン訪問をさせていただいております。

3 Interview-Media_07

つまり会社へ定期的に訪問して経営者様とコミュニケーションを取りながら『お困り事・ご心配事・対応に苦慮している課題』を一緒に解決いたします。そうすると労務管理を通じて現状理解を深め、就業規則人事制度を構築しながら経営課題の解決を図ります。

 

昭島市・立川市・八王子市などの多摩地区を含む東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県などを中心に全国対応を行っています。社労士をお探しの経営者の皆様は、お気軽にご相談内容や報酬をお電話やメールフォームにてお問い合わせください。日本年金機構(年金事務所)・労働基準監督署の調査に関するご相談も承っております。

About

東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県を中心に全国対応をしており、経営者様のお困り事・ご心配事・対応に苦慮している労務管理給与計算就業規則などについてサポートしています。

会社の事務所へ訪問して、経営者様を悩ませる雇用契約書労務管理就業規則などの労働条件、毎月対応しなければいけない給与計算、そして“人”に関する経営課題を解決するためにコミュニケーションを取りながら対応しています。また労働保険や社会保険などの行政機関への各種手続きも行っております。条件・要件が合えば申請可能な助成金の対応も承りますので是非ご連絡ください。会社の実情に合った顧問契約や単発・スポットでのご依頼も承っています。
事務所名 TS人事労務オフィス
住所 〒196-0004
東京都昭島市緑町1-17-26
Google MAPで確認する
電話番号 070-4422-1875
営業時間 9:00~18:00
事前にご連絡頂ければ土日祝も対応可
定休日 土・日・祝
最寄り駅 昭島駅から徒歩15分

会社へ訪問して経営者様とコミュニケーションを取りながら『お困り事・ご心配事・対応に苦慮している課題』を一緒に解決いたします

TS人事労務オフィスの代表は、大学卒業後に銀行に入行後、お取引先様の事業内容や将来性を見極める機会が多く、資金繰りを含めた経営に関するさまざまな事案を経験いたしました。その後、数社の人事・総務と経理の経験を積みメーカーへ移籍しました。しばらくしてから海外の現地法人(工場)へ経営幹部として出向することになり、そこで得た貴重な経験が現在のベースにございます。言い方を変えると、中小から上場企業までの規模の会社、業界、会社の置かれた状況・業界内でのポジション、グループ会社の有無などを経験いたしました。
これらの具体的な経験をお伝えいたしますと、
(1) 経理経験を通じて会社に対する現状分析や将来の予測
(2) 従業員を取りまとめる人事・総務で得た労務管理人事制度や人材活用
(3) 社労士資格を通じて得た業務に裏付けられた知識
(4) 海外現地法人の経営幹部として経営課題に対応した経験
などになります。

この4点の経験と社労士事務所を開設して以降の社労士としての経験値を生かしながら、全国の経営者の皆様と一緒に会社の成長・発展につながるようサポートしているところです。

顧問契約を開始するまでの流れ

  • STEP
    01

      お問い合わせ

     

    内容にご興味を持っていただけ、どのようにしたらいいのかお困りの場合には、

    ● 電話をかける

    ● メールフォームを利用して連絡

    のどちらかを行ってください。

     

    どのような内容でも構いません。

     

    ※ この件に関しては当然無料にて対応いたします。

     

    about_顧問契約までの流れ_01_お問い合わせ
  • STEP
    02

      内容についてヒアリング

     

    連絡いただいた際に、

    ● 電話で内容を確認

    ● 会社の事務所にお伺いしてヒアリングする

    ● Zoomを使ってオンラインにてヒアリングする

     

    これらの手段で、お客様のご要望をお伺いいたします。

     

    about_顧問契約までの流れ_02_ヒアリング
  • STEP
    03

      ご提案(見積)

     

    ヒアリングした際にお伺いした内容に合わせて、お客様に最適だと思われるご提案をさせていただきます。

     

    この時に業務の分担や詳細なご希望をお伺いし、ご契約に伴うルールを決めさせていただきます。

     

    about_顧問契約までの流れ_03_ご提案
  • STEP
    04

      ご契約完了そして業務開始

     

    ご提案(見積)にご納得いただけましたら、ご契約となります。

    次回訪問日を決定して顧問契約を開始する。

    about_顧問契約までの流れ_04_顧問契約

働き方改革がスタートして関係する労働関係の法律だけでも数多く変更されたり追加されてきました。法改正されるには背景や理由が必ずあります。法改正を確認するだけでも大変だと思いますが、背景や理由を押さえながらすることもさらに負担が大きいでしょう。このご時世、情報の価値はますます上がっています。会社の現状を知る・理解する情報や外部の動き、政府の動向を知ることも重要になってきています。それを解決する手段のひとつに社労士と付き合うことで解消することができます。さらに人材=従業員での課題・問題があれば、解決するヒントを得られ、会社としてプラスの方向に進むことができるようになります。

 

たとえば「ワークライフバランスの向上のために人事制度就業規則を見直したい」けどどうしたらいいのかよくわからない。そんなときは専門知識が必要な労務管理人事制度のお悩みは、ぜひ社労士にお任せください。東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県を中心に全国対応をしており、経営者様のお困り事・ご心配事・対応に苦慮している労務管理給与計算就業規則などについてサポートしています。その先にある顧問先様の会社の成長・発展に貢献いたします。