リカレント教育とはどういう意味でしょうか?
労務管理の構築から企業の発展をサポートいたしますので社労士にご相談ください
TS人事労務オフィス
就業規則についてもアドバイスしています
Point

社会人になってからも、学校などの教育機関に戻り、学習して、また社会へ出ていくことを生涯続けることができる教育システムを指す。リカレント(recurrent)には、繰り返しや循環といった意味があり、回帰教育、循環教育と訳されることもある。また、「学び直し」と表現されることも。

 

リカレント教育と似通った言葉でリスキリングという言葉がございます。

 

リスキリング(Reskilling:能力再開発)とは、「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する・させること」を指す。近年では、デジタル化と同時に生まれる新しい職業や、仕事の進め方が大幅に変わる職業に就くためのスキル習得を指すことが増えている。

 

なぜリカレント教育やリスキリングというようなことが言われるようになってきたのでしょうか・・・?

リカレント教育の発端は?

 

リカレント教育は、スウェーデンの経済学者ゴスタ・レーンが提唱し、1970年代には、経済協力開発機構(OECD)が推進する生涯教育の一形態となった。日本でも、大学の社会人入学制度や科目履修生制度が設置されたり、リカレント教育を促進するための専門職大学院やサテライトキャンパスなどが開講されたりしているが、OECDが2012年に実施した「国際成人力調査」によると、30歳以上の成人の通学率は、参加24カ国中、最も高いフィンランドの8.27%と比べ、日本はその約1/5の1.6%と最も低く、リカレント教育が進んでいないことが明らかとなっている。なお、文部科学省が公開している2015年4月に公開された「社会人の学び直しに関する現状等」の資料によれば、社会人の意識調査においては、89%の人が、再教育を「受けたい」又は「興味がある」と回答しているのだが、「勤務時間が長くて十分な時間がない」、「費用が高すぎる」、「職場の理解を得られない」などの理由で、実際にはリカレント教育を受けられていないという現実がある。

lp0040_リカレント教育_03
lp0040_リカレント教育_04

日本のリカレント教育の現状は・・・

今後急速な少子化高齢化により労働力人口の減少が懸念される日本では、同時に、健康寿命が延び、100歳まで生きることが普通になる「人生100年時代」がやってくると言われている。2017年9月より、首相官邸において、「人生100年時代構想会議」が開催されており、すべての人に開かれた教育機会を確保し、何歳になっても学び直しができるリカレント教育について議論されている。今後政府は、経済的な事情などで高校や大学へ進学できなかった人や、出産、育児で退職した女性、または定年退職した高齢者などが、リカレント教育によって「いつでも学び直し・やり直しができる社会」を目指し、文部科学省は、2018年度の予算において、リカレント教育や職業教育の充実に取り組む大学および専修学校等への支援にあてる予算を増額するなど、具体的な対応を進めている。

リカレント教育が注目される背景は・・・

 

高度成長期の日本では、学校を卒業して就職した後の教育は、企業の社員教育で対応している状況が続いていました。しかし、バブル崩壊後企業に社員投資をする余力がなくなり、社員教育の機会がなくなってきました。その結果、新しい知識・スキルを得られる機会がなくなり企業競争力・生産性の停滞など国としても放置できない問題として重くのしかかるようになってきました。そして日本独特の雇用システムも合わさって問題が複雑になっていることも付け加えておきます。

 

 

リカレント教育の必要性は・・・その1

◇ 急激な技術進化・スキルの高度化

近年今までになかった“AI”・“DX”など急激な技術革新が進み、それに伴い仕事環境も変化しています。「これまで通りに仕事をしていては、通用しない」・「これまでと全く違ったスキルが必要になっている」といったことが、多くの企業・従業員にとって課題となっています。技術革新や環境変化に対応するためには、「これまでの知識・スキルのアップデート」・「新たな知識・スキルの習得」が欠かせないようになってきました。そうした知識・スキルを手に入れる手段として、教育と就労のサイクルを繰り返すリカレント教育が注目される要因です。

 

◇ 雇用流動化

昔は、新卒で入社した企業で定年まで働く「終身雇用」が当たり前の時代でした。しかし最近では転職する人も多く、雇用の流動化が進んでいます。終身雇用時代には、社内教育や実務で仕事に必要な知識を自然と身に付けることができました。しかし、近年はひとつの企業での勤続年数が短くなっているため、「社内教育だけでは必要な知識を習得できない」という課題があります。そのため、いままでのような企業主体の社内教育だけに頼るのではなく、従業員自らが学びの機会を作ることが重要になっています。自分のキャリアプランに合わせて、自ら学習する手段として、リカレント教育が注目される要因です。

リカレント教育の必要性は・・・その2

◇ 「人生100年時代」

日本では、平均寿命が延びてきていることにより、「人生100年時代」が始まろうとしています。これまでは、定年前までの世代が中心となって仕事をしてきましたが、人生100年時代では、男女問わず若者から高齢者までみんなが活躍することが求められています。定年制度も60歳でしたが、働く年齢を65歳までの義務化、そして70歳までの努力義務になっており、どんどん引き上げられています。働く期間が長くなることで、定年退職後の再雇用・再就職、育休・産休後の仕事復帰・キャリアアップを目指す人も増えるでしょう。全員が活躍したり、ブランクを乗り越えたりするためには、絶えず新しい知識を身に付けることが大切です。そのため手段として、リカレント教育が注目される要因です。

 

リカレント教育の対象者

リカレント教育の対象者は、高校・専門学校・大学などで教育を受けた「社会人」です。「社会人として現在働いている人」の他、「社会人として働いた経験のある人」も対象となるので、当然年齢の問題もありません。

 

リカレント教育で学ぶ内容

リカレント教育では、主に仕事と直結した内容を学ぶことが多いようです。

● 特定の分野を深く追求した研究・学習が可能な内容

● 最先端にテーマを置いた内容

● 幅広い仕事に活用できる知識・技能を習得できる内容  など

リカレント教育と生涯学習の違い

「リカレント教育」と混同されがちなのが、「生涯学習」です。しかし、その目的と内容が異なります。リカレント教育は「仕事に活かす」ことを目的にしているのに対し、生涯学習は「より豊かな人生を送る」ことを目的としています。また内容については、リカレント教育の場合、働くことを前提に仕事に活かせる知識を学ぶため、趣味や生きがいを目的とした学びは含まれません。一方で生涯学習の場合、仕事に活かせる知識だけでなく趣味やスポーツ、ボランティアなど、仕事に直結しないものも含まれているという違いがあります。

 

国の制度として教育訓練給付というものがございます。

リカレント教育について今後は・・・

昔と違い今はスキルアップやキャリア形成を目的とした転職が当たり前ともいえる時代になってきました。新卒の3人に1人は数年以内に退職するようになり、ますます雇用の流動化が加速している現状です。キャリア意識が高い人は自ら学びの機会を求め、逆に企業は優秀な人材が流出しないよう、社内教育制度の充実を迫られています。労使双方にとってもリカレント教育の浸透はメリットがあるわけです。

 

そうなると新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった従来から続く日本型雇用システムの在り方も見直さざるを得ないでしょう。これから時代が求める新たなスキル・知識などの能力を身につけるためにも、リカレント教育の制度化は企業にとっても優先度が高まっています。

リカレント教育について気になったら東京の社労士にご相談ください
企業が持続的に成長・発展していくためには、人事制度は必要不可欠なものです。そのため、人事制度自体がない、またはあっても企業の実情とズレが生じているのであれば、最適な人事制度を構築したいところです。お気軽にサポート内容などお問い合わせください。
お気軽にお電話でご連絡ください
070-4422-1875 070-4422-1875
受付時間:9:00~18:00
About

東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県を中心に全国対応をしており、経営者様のお困り事・ご心配事・対応に苦慮している労務管理給与計算就業規則などについてサポートしています。

概要

事務所名 TS人事労務オフィス
住所 〒196-0004
東京都昭島市緑町1-17-26
Google MAPで確認する
電話番号 070-4422-1875
営業時間 9:00~18:00
事前にご連絡頂ければ土日祝も対応可
定休日 土・日・祝
最寄り駅 昭島駅から徒歩15分

アクセス

会社の事務所へ訪問して、経営者様を悩ませる雇用契約書労務管理就業規則などの労働条件、毎月対応しなければいけない給与計算、そして“人”に関する経営課題を解決するためにコミュニケーションを取りながら対応しています。また労働保険や社会保険などの行政機関への各種手続きも行っております。条件・要件が合えば申請可能な助成金の対応も承りますので是非ご連絡ください。会社の実情に合った顧問契約や単発・スポットでのご依頼も承っています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事